パイナップル豆乳ローション、販売店のそれぞれの違いについて

パイナップル豆乳ローション、販売店のそれぞれの違いについて

パイナップル豆乳ローションの販売店の特徴をそれぞれ解説

 

パイナップル豆乳ローションの販売店について

 

実は、パイナップル豆乳ローションには種類があって、類似商品を様々な販売店が取り扱っています。
まずは代表的なものをいくつか紹介していきます。

 

鈴木ハーブ研究所
雑誌などでも多く取り上げられ、パイナップル豆乳ローションの中ではシェア率ナンバーワンを誇る販売店になります。
効果を実感できるという口コミも多く、刺激が少ないというのも大きなメリットです。

 

Peach
ドラックストアなどにも置いてあるパイナップル豆乳ローションになります。
比較的安価なので贅沢に使えるのが良いですが、効果を実感するまでには少し時間がかかります。

 

サンファミリー
基本的には男性向けのパイナップル豆乳ローションになります。
濃いめのすね毛やひげなどにも効果があるという反面、刺激が強く肌の弱い方はかぶれてしまうことも…。

 

その他にも、安価をウリにしたパイナップル豆乳ローションもいくつか販売されていますが、どれも効果を実感できたという方は少なく、あまりオススメできるものではありません。

 

鈴木ハーブ研究所のパイナップル豆乳ローションが良い理由

 

鈴木ハーブ研究所のパイナップル豆乳ローションの最大のメリットは、低刺激なのにしっかりムダ毛ケアの効果が期待できるという点です。

 

低刺激だとムダ毛ケア効果が少なく、逆にムダ毛ケア効果が高いと肌への刺激が強いというのがこれまでの常識でしたが、鈴木ハーブ研究所のパイナップル豆乳ローションはその常識を打ち破りました。

 

ムダ毛ケア成分に加えて天然由来にこだわった美肌成分がいくつも配合されており、むしろ塗るほどに肌が潤い、綺麗になっていきます。

 

特に鈴木ハーブ研究所のパイナップル豆乳ローションが他と違うところは、美肌成分や抑毛成分を肌の奥に届けるための界面活性剤の成分です。

 

肌への刺激が強い合成界面活性剤が使われることが多い中、鈴木ハーブ研究所は黒胡椒由来の「コスモペリン」という天然界面活性剤を使用しています。
 
コスモペリンは植物由来なので、肌への負担を最小限にしながら有効成分を肌の奥の角質層にまで届けてくれる手助けをしてくれます。
これが、他のパイナップル豆乳ローションには無い、低刺激でムダ毛ケアを実現させる仕組みなのです。

 

パイナップル豆乳ローションは市販品でも良いのでは?

 

パイナップル豆乳ローションは、主に通販で購入するタイプとドラッグストアなどで市販されているタイプに分けられます。

 

最近では種類も多く、どれを買うべきか悩んでしまうという方も多いと思います。
市販品の方が安くて手軽に買えるからわざわざ通販で買わなくても良いのでは、という意見も確かにあります。

 

しかし、結論から言うと市販品よりは通販で購入するタイプの方がオススメです。

 

市販品は、製造から輸送、店頭に並ぶ期間を計算して開発されるので、どうしても保存料として化学成分を大量に配合せざるを得ません。

 

一度にたくさん製造してコストを下げ、使用期限を長くすることで廃棄を減らすというのが市販品の基本的な姿勢になっているからです。

 

しかし、化学成分が大量に含まれたものをお風呂上がりの無防備な身体に塗ることを考えると、少し気が引けますよね。
実際、肌が敏感な方はこういった市販品ではムダ毛ケアどころか逆に肌荒れに悩まされるようになってしまったという口コミも見かけます。

 

一方、通販で購入するタイプでは店頭での在庫を抱えておく必要がないので、保存料は最小限で済みます。そのため使用期限は長くありませんができたてを配送してくれますし、肌への負担も市販品よりは少なく済みます。

 

確かに市販品を使えば安く済むのですが、「安かろう悪かろう」という言葉もあるように、しっかりムダ毛ケアをしたければ市販品よりは通販が安全でしょう。

 

そして通販の中でも特に、安全性とムダ毛ケアの両立を可能にしてくれる鈴木ハーブ研究所のパイナップル豆乳ローションがオススメなのです。

 

▽▽パイナップル豆乳ローションの口コミ、ユーザーの「生の声」を聞いてみてください
パイナップル豆乳ローションの口コミを100人に有料アンケート調査!!

ホーム RSS購読 サイトマップ