パイナップル豆乳ローションの作り方を何処よりも具体的に解説!

パイナップル豆乳ローションの作り方を何処よりも具体的に解説!

パイナップル豆乳ローションの作り方、自宅で作る方法

 

パイナップル豆乳ローションの作り方を解説

 

実は、パイナップル豆乳ローションは自宅で作ることできるのです。
作り方は割と手間がかかりますし、販売品と比べて保存期間がかなり短くなってしまいますが、豆乳をそのまま使えるので抑毛成分の濃度を高くすることが出来るメリットもあります。

 

より高い効果を求めたいという場合は、パイナップル豆乳ローションを手作りするのも一つの手です。

 

※パイナップル豆乳ローションの口コミについて、100人を対象に有料独自アンケート調査を実施いたしました。
興味のある方は、記事下のリンクからご覧ください。

 

パイナップル豆乳ローションを作るときの材料

 

用意する材料は、以下の通りです。

 

・無調整豆乳 500ml
・生パイナップルの芯 1個分
・レモン 2個
・にがり 大さじ2
・エタノール 50ml〜100ml

 

豆乳は、余計な成分が入っていない無調整豆乳が良いです。
もっと細かく言うと、大豆固形分が8~12%の無調整豆乳がベストです。

 

大豆固形分の割合が高くなるほど良さそうに思えますが、12%を超えると抑毛には不要な大豆の皮などの成分が含まれてしまうんですね。
無調整豆乳のパッケージ裏に必ず大豆固形分の割合が記載されていますので、購入する前にチェックしておきましょう。

 

レモンは、豆乳に含まれるタンパク質を沈殿させるために使います。

 

豆乳をそのまま塗ってしまうと、タンパク質によって毛穴が詰まってしまうことがあるためです。
ポッカレモンのようなレモン果汁成分でも代用は可能ですが、レモンの果実を使うのが一番不純物が少なく、安心できるかと思います。

 

また、材料にプラスして、パイナップルの芯を細かくするためのミキサー、最終的にローション成分を絞るためのキッチンペーパーザルが必要になります。

 

パイナップル豆乳ローションの作り方

 

それでは、パイナップル豆乳ローションの作り方を紹介していきます。

 

まずはパイナップル果汁を作ります。
パイナップルの芯をミキサーに掛け、そこににがりを投入します。
にがりには、パイナップル酸の効果を活性化させて同時に肌を保護する効果があります。

 

次に豆乳を60度〜65度程度まで温めます。
温度計があるなら鍋で加熱しても良いですし、無い場合は電子レンジを使って500ワットで5分程度温めましょう。

 

温まった豆乳に、レモンを入れてよく混ぜます。
少し冷めてきたところで、パイナップル果汁を入れてさらに混ぜましょう。

 

小さなつぶつぶができてトロトロになってきたあたりで、エタノールを入れます。

 

乾燥肌の方は少なめ、オイリー肌の方は多めという感じで、50ml〜100mlの間で調節して入れて下さい。
ただし、エタノールは刺激成分でもあるので、最初は少なめにして使用感を参考にしながら分量を決めていくというのがオススメです。

 

ここまできたら、あとは絞るだけです。

 

ザルにコットンタオルやキッチンペーパーを敷き、下に受け皿を用意したらそこにパイナップル豆乳を流し込んで、絞りましょう。
完成したローションを、市販のスプレー容器などに入れれば完成です。

 

パイナップル豆乳ローションを自宅で作るときの注意点

 

パイナップル豆乳ローションを自宅で作る際に最も注意すべきなのは、保存期間です。

 

この方法で作成したパイナップル豆乳ローションには保存料が入っていないですし、自宅での作成では雑菌が混入しやすいことも理由の一つです。
作るときに使う道具も、なるべく直前に洗った清潔な物を使用するのが良いでしょう。

 

保存期間の目安としては冷蔵庫で1週間、長くても2週間と考えて下さい。
発酵臭がしてきたら、破棄したほうがいいです。

 

保存期間が短いので、一度にたくさん作るのも避けた方が賢明です。
自分の使う量を参考にしながら、余らせないように作りましょう。
始めて作る場合なら、今回紹介したような豆乳500ml程度の割合で作るのがオススメです。

 

また、完成してもいきなり体全体に塗り込むのは避けましょう。
パッチテストの容量で一部分に少量を塗り、肌の様子を確認してから全身に塗るようにしてくださいね。

 

▽▽パイナップル豆乳ローションの口コミ、ユーザーの「生の声」を聞いてみてください
パイナップル豆乳ローションの口コミを100人に有料アンケート調査!!

ホーム RSS購読 サイトマップ